【音楽②】松本佳奈に根源の響きを感じる

稀有なシンガーソングライター・松本佳奈

彼の方に出会ったのは、たまたま近所で開かれていた森のライブでした。

その時は、自然・透明・ピュアという【美し系】の印象だったのですが、翌年再び森のライブに行ったら、非常に主張の濃いステージだったので「おやっ」と思い、3thアルバムを手にしたらビックリ、【魂の叫び】系ではありませんか!

才能あふれる美しいメロディを作れる【美し系】のアーティストは歴史上たくさんいますが、【魂系】は数がとても少ないので、出会えてすごくうれしかったです。

そして、5th → 3th → 2th ときて、4thアルバムを手にして、今度は衝撃を受けました、、『種を蒔く、何もない場所に』という曲に。

そこには、【魂系】を超える響きが在ったからです。

 

ImagineやWhat’s going onと共に自分史上5指に入る!?

塞いでも 聞こえる つむっても瞼に映える
「抱いてた夢を 手放しなさい」と囁く声
あぁ 自分がいちばん わかっている
今のままじゃ いけないことも

ねぇ どっちに転んだっていいの 私は自分で道を開きたいの
決められた単調な日々に 種をこっそり蒔いてみる

塞いだ手 放して つむった瞳を開いてみる
「あなたには できるよ」って つぶやいて 涙こぼれて
「あぁ もうたくさんだ 言わないで」と
傷つかないように 遮断してた ずっと だけど

ねぇ 私にどれだけの 可能性があるかなんて 考えたことなかった
自分を認めてないのは 自分だったことに やっと気付いた

ねぇ 誰も誰かの心を 縛ることはできないでしょう?
今は何もない場所よ だけど芽吹く日を信じている

「そんなの無理だよ」って 人が笑ってもいいの 恵みの雨よ
今は何もない場所に 種をこっそり今日も蒔いている

『種を蒔く、何もない場所に』

 

天への祈り

衝撃を受けたのは、実はエンディングです。

曲が最高潮に盛り上がったところで

アウワ アウワ アウワ アウワ ウーオー

アウワ アウワ アウワ アウワ ウーヤー

と歌い上げるところです。

これはまさに言霊でいう天への祈り・・・

【ア】天・始まり、【ウ】宇宙・渦・万物の根源、【ワ】環・和・終わり

【オ】雄・夫・人間、【ヤ】八幡・八坂・八尺瓊勾玉・八咫・神・・・

 

呪文は『平和への祈り』にも

自分的には音楽は3つに分類できて、一つは【美し系・モーツワルト系】。

二つ目は【魂系・ベートーヴェン系】、まさに魂の叫び。『運命』や『第九』ですね。

そして三つめが【根源系・ブルックナー系】天や神を表現した宗教的音楽や倍音などの根源音。

前の二人には劣るブルックナーも未完に終わった交響曲第九番が完成していたら二人に勝るとも劣らない偉業を残したと思うのですが、根源系は魂系よりさらに数が少ないです。

そんな根源系音楽をも創造できる稀有なアーティストである松本佳奈。

今後も目が離せませんし、彼女の音楽に直に触れることができてとても至福です。

曲ができた当日のライブ、アウワは少しですがすごい! アウワバージョンはこちらから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です