ロイター通信・共同通信は信用できるか -結末追加ー

ロイター通信の日本語版は信用できない!?

ロイター通信が『ある米政府高官』の話として記事を書きました。

そのうちなくなると思いますが、ロイターさんの元記事

『ある米政府高官』は本当に実在するのでしょうか。

この記事は、大元の英文と日本語版で書かれていることが違うという指摘もあり。。

誘導質問して返答をしたら「言質を取った」と記事にされるのは常套手段ですし、願望を記事にするいわゆる『飛ばし』という手法もあります。

 

 

『飛ばし』から『角度をつけた』報道を拡散!?

ロイターの記事を元記事として共同通信が報道(共同通信記事)。

タイトルからして共同通信の願望が追加された情報に加工されています。

共同通信社は日本のニュースの送信元。

その共同通信の報道を各新聞社、各テレビ局がニュースとして報道するわけです。

 

 

素晴らしい時代になりました

ニュースには気をつけなくてはいけません。

鵜呑みにすると操作された情報に踊らされ、誘導された選択をさせられる危険があります。

昔は選択肢がなかったのですが、今はネットやSNSがあるので自ら確認や検証ができ、本当に素晴らしい時代になったと思います。

 

 

追伸:やはりフェイク記事でした

NHKも一部偏向が見られますが、この記事に関しての報道

 

日経英語版。日米は示し合わせた!?

 

世耕大臣は共同通信に対してはっきり意見表明していますね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です