【言霊辞典】あ行

言霊辞典の作成

さて、実際に言霊の辞典を制作していきます。

新しい発見があったら、随時更新していこうと思います。

まずは『あ』行から

 

五十音で一番初めの言葉、もっとも重要な母音。

あい(愛)、あま(天)=神、泡(あわ)、あな(穴)→ 渦の中心

『あ』音に込められた思いは、『根源

 

「意志・意識」の『い』、「一番」の『い』、斎(い)=神聖であること、タブーであること

ちなみに、同じムー語系であるハワイ語でも、『イ』は『見えない力・高次元の存在』という意味。

『い』音に込められた思いは、『意志・高い次元のベクトル

 

「生まれる」の『う』、卵の『う』、渦の『う』

『う』音に込められた思いは、『誕生

 

「幾重」「重なる」の『え』、「枝」の『え』

『え』音に込められた思い = 『幾重にも重なり、枝分かれしていく

 

「終わり」の『お』、「尾っぽ」の『お』、「大きい」の『お』

『お』に込められた意味は、『終わり

 

宇宙、この世の誕生

五十音の母音、『あ』行だけで、宇宙やこの世の成り立ち全てが網羅されています。

『あ』根源から、『い』意志が発せられ、『う』渦となって生まれ、『え』幾重にも重なり枝分かれしていき、『お』大きくなり終わる

和語の母音、すごすぎる。

日本人に生まれてよかった。。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です